転職する為に実績を提示する準備をきちんと行うこと

 転職をしたいと思う理由はそれぞれです。ただ、ほとんどの人のケースとして、上司への不満や仕事がきつい、給料が安い、残業代がカットされている等の理由があるはずです。しかし、これらの理由の為に安易に先のことを考えず退職してしまうと転職することが難しくなります。

 

 それでは無理に我慢して今の会社に勤務し続ける方が良いかと言うとそれも微妙です。それではどうすれば良いのかと言うと、まず冷静に自分が何に不満があるのかを書き出してみます。先程の上司への不満にしてもさらにもっと深く突き詰めれば上司の何に不満があるのかが分かります。

 

 つまり上司が自分のプロジェクトを優先しない等の理由が書き出したメモにある場合は、自分がその会社で何をしたかったのかが分かって来ます。会社に入社した理由は自分がやりたい仕事をやる為であったと言う人ならば、それは立派な転職の理由になります。ただ、上司と相性が悪い位なら我慢して他の上司に変わるのを待つ方が良いこともあります。

 

 つまり転職をしたいと考えた時に優先される事項は自分がやり続けることが出来る職場なのかと言うことです。さて、今の会社で自分がやりたい仕事が出来ない場合には、すぐに退職しないで、派遣会社や中途採用を探してみます。派遣会社でも正社員に登用されるケースもあります。

 

 実際に説明会へ行ってみて、自分がやりたい仕事をするには何が必要なのかを聞いてみます。資格の場合、経験の場合とケースが違います。ここでも今の職場にいて今やっている仕事が経験になって転職に役立つこともあります。もしそうなら今のプロジェクトを完成させてから転職したい企業に面接に行った方が有利になることもあります。

 

【関連情報】
茨城 転職
茨城への転職を考えている方必見!

 

毎日新聞のニュース・情報サイト

 

 

 資格の場合は、経験が十分でも社会的に裏づけが取りたいケースもあるので、資格対策の専門学校へ今の職場にいる間に通ってみるのも手です。資格の場合はだいたい取得するのに1年以上掛かることがあるので、その間は今の職場にいる方が生活が安定します。今の時代は転職をするのに他の人と同レベルでは難しいのです。自分の価値をさらに上げる方法を試して実績を提示出来るように準備することが転職には必要です。