営業職への転職について

 転職には様々なコツがあるのですが、やはり「営業職」へ転職する場合はコツが必要となります。

 

 「前の職場ではかなり実績を出していたけど、歩合制じゃなかったから今まで損していた」という方も「歩合制の部門へ挑むことでさらなるステップを狙いたい」という方も、やはり意気込みだけで入れるわけではありませんので、作戦などを練る必要があります。

 

 また、営業職から営業職へ転職する場合は「自分は過去に在籍した企業で実際にどれくらい売り上げを伸ばしたのか」ということを伝えることが重要となりますし、それと同時に「御社でどれくらいの力を発揮できるのか」ということも伝えなければなりません。

 

 確実にアプローチするためにはその相手企業の「最も売りたいと思っている商品」や「まだ売り出していないけれど、開発に力を入れている商品」をリサーチしておく必要がありますし、営業としての力量を知ってもらうためには「商品の把握力」や「記憶力」を発揮しておかなければならないのです。

 

 営業で実績を上げ続けてきた方などは「単に営業力をアピールするだけのこと」と、そういったリサーチもせずに侮って取り組んでしまいがちかもしれませんが、人事はその人の営業力をくまなくチェックしてきます。自分に自信があったとしても過信せず、まずは「その会社のことを知る」ことにしっかりと時間を注ぐようにしておきましょう。