何を基準に考えるか

 転職市場は若いほど、いい状態と言えますが新卒などで短期でやめた場合や初めての転職の場合は、意外としつこく転職理由を尋ねられます。そして在職年数の長い場合には採用担当者は〇〇年も居たのにどうして?と問い詰められて、自身で考えていたより回答に苦慮することになりますので、余程うまい切り返しが必要です。

 

 個人的な感覚ですが、まるで悪いことをするかのような問い詰めで逃げ出したくなる感覚を覚えています。ですから初めての転職はその辺のしぶとさも必要でしょう、そうでなければ仕事をする前に面接だけで参ってしまいます。

 

 さて、転職回数が多い場合はいかに今回の転職を前向きに捉えて行っているのかをアピールする必要があります。転職活動期間中にスキルを付けることも一つの手です。ハローワーク行くとお金を貰いながら学校に通うことが出来てその間は失業給付を貰いながら通うことが出来るので、使った方がいい手段の一つです。

 

 しかしながら、何でもいいから資格を取ればいいというものでもありません。事務系の仕事をしないのに、暇だからと資格をとっても使う場面は少ないでしょうからあまり役には立たないかもしれません。なので、取るとしたら転職したい先の業種と業界を見極める必要があります。その上で資格取得を検討してみるのもいいでしょう