求人の選び方について

 転職の時に誰もが悩んでしまうのが、業種や職種の決め方です。あまり仕事を選び過ぎては選択肢が狭まりますが、業種と職種は決めたほうが転職活動はやりやすいです。しかし、自分はどの仕事が向いているのか、どの業種で働けば良いのか迷ってしまうことも多いです。

 

 そこで決め手になるのは、過去の職歴だと思います。過去の職歴は面接の際に、面接官から細かく聞かれます。その理由は、その職歴が会社にどう生かせるかを知りたいからです。例えば過去に外食店で働いていた人なら、調理や外食関係の仕事に自分のスキルを生かせるし、営業職をしていた人なら、接客など人と接する仕事にスキルを生かせるからです。

 

 つまり過去の職歴を見直して、自分が持っているスキルを生かせる求人に応募するのは良い考えです。そして、他には自分が興味のあることにチャレンジするのも良いかもしれません。例えば、自動車が好きな人なら自動車に関わる会社や仕事を選ぶのも、選択肢としてはありです。

 

 その場合は、販売会社や自動車メーカーだけではなく、部品メーカーや内装メーカーなど、自動車に関わる会社の求人を探せば良いと思います。またそれらの会社でも、職種はいろいろとあるので、自分のスキルが生かせる職種を選べば良いです。

 

 その場合も過去に営業経験のある人なら、営業や販売の仕事を選び、機械に精通している人なら工場の作業員などが選択肢に入ると思います。