20代の転職について

転職するなら20代のうちが狙い目

 20代の仕事の結果は、これから10年後、20年後の自分の評価や収入を左右するとても大切なものです。ですから20代の今、何をしているかは将来を大きく左右します。安易な転職はNGですが、もしも現在の仕事に将来性を感じないのなら、今が転職するのは絶好の時期です。20代前半なら異業種へのポテンシャル採用が見込めます。

 

 20代後半ならば、これまでのスキルを活かせるポジションを狙うべきです。20代後半はそれなりの仕事経験を積んでいるため、企業側にとっては魅力的な即戦力であり、求人数も多く、一番転職しやすい年代だと言えます。

 

 20代以降は年を重ねれば重ねるほど、相当な実力者以外は転職が厳しくなります。例えるなら、現職よりも高待遇を求めるような転職は20代だと富士山の一合目級だったのが、30代、40代ともなるとエベレスト級と言えるくらい、かなり難しくなります。そう考えると転職を考えるのなら20代のうちには済ませたいものですね。

 

転職する?それともここに留まる?

 

 20代が転職に最適な年代だと言っても、全ての人に転職が必要なわけではありません。転職したら全てがバラ色に輝くことも保証されていません。現職を続けた方が良い人もいるので安易な転職は賛成できません。ではいったい、どうやって転職するべきか留まるべきか、見極めれば良いのでしょうか?ここでは転職すべきかどうか見極める5つのポイントをご紹介します。

 

転職を見極める5つのポイント
  ・業界が成熟産業で将来性がない
  ・客観的に誰が見てもブラック企業の場合
  ・今の仕事の利点と欠点を挙げてみる。欠点が圧倒的に高ければ転職
  ・不満を解消するため努力してみたが、現状を打開できない
  ・自分の能力を発揮できない環境。それが5年後も続くことが分かっている

 

〈お役立ち情報〉
日本年金機構

 

40代後半の転職成功
経験、スキル、人脈を活かせる40代後半の転職応援します。

 

ニートからの就職を支援

 

商社への転職を狙う
商社への転職は営業だけじゃない。他部門スペシャリストでも。

 

40代転職【徹底】解説ナビ
40代の転職を成功させよう。

 

仕事を続けながら転職活動を

 

 転職すべきだと心が決まったら、仕事を続けながら情報収集に取りかかりましょう。失業期間が長くなると転職に不利りになるので仕事を続けながら転職活動をするのがポイントです。中途採用の求人を出す側も、転職希望者が働いていることは考慮しているので面接などの時間を夜や土日に行うなど都合をつけてくれます。

 

まとめ

 

 安易な転職はNG。しかし転職するなら20代のうちにしましょう。できるだけ失業期間を作らないことがポイントです。